「reflex.js」 サンプル


こちらのスクリプトは、ブラウザによって多少見え方が違うようです・・・σ(^◇^;)ヒヤアセ
「IE6」では、表示が安定するまでにかなり時間がかかります・・・・


こちらが何もしていない「標準」の画像です。
指定した「クラス名+オプション」部分の記述をそれぞれ書いてありますので参考にしてください。



class="reflex"
と指定すると標準効果が得られます。



class="reflex idistance30"
と指定すると画像と影の間隔を指定できます。 (0~100 default=0 単位:px)



class="reflex iheight90"
と指定すると影の長さを指定できます。 (0~100 default=33 単位:%)



class="reflex iopacity90"
と指定すると影の濃度を指定できます。 (0~100 default=33 単位:%)



class="reflex iborder20"
と指定するとボーダーを付けられます。 数字で幅を指定 (0~100 default=0 単位:px)
・・・最大「100」と書いてありましたが、自分が試したところではあまり大きい数字は使えませんでした。 (>▽<;; アセアセ



class="reflex iborder50 icolorff00ff"
と指定するとボーダーの色を指定できます。 (000000~ffffff default=f0f4ff)
・・・何故か「IE6」で見ると角が丸くなりました。 ?(゜_。)?



class="reflex itiltright"
と指定すると右側が奥へ・・・デフォルトですね。



class="reflex itiltnone"
と指定すると傾きません。



class="reflex itiltleft"
と指定すると左側が奥へ。








設置説明ページはこちら

Leave a Reply

展望台 最上階
「reflex.js」 サンプル 1階